teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


盛り沢山!

 投稿者:文昇ほんにん  投稿日:2018年11月26日(月)00時10分53秒
  たにさん、大阪、滋賀、京都、神戸と、大忙しですね。
とても一人の行動とは思えないです。何人かの影武者がいてそうですね。
家で疲れを癒してください。
 
 

実はですね

 投稿者:たに  投稿日:2018年11月25日(日)20時56分32秒
  文昇さんが住んでいる(と思いますが)大阪に行ってきました。札幌ドームでは嵐さんのコンサートだったとのことですが、私は出演しませんでした。その代わりに(?)大阪京セラドームでは11月24日に「防弾少年団」さんのコンサートがありまして、25歳の娘がファンなので大阪に行くことになりまして、娘が「お父さん、連休なんだから、一緒に行こう」と誘ってくれました。まあ、コンサートに、じゃなくて「大阪に一緒に行く」ということになった訳です。前日に大阪入りして、11月24日、早朝に「びわ湖」へ行き湖畔を見てから、午前中は京都に住んでいる中学時代の友人を訪問していました。その後、午後からは京橋駅前で「串カツ」を食べてから大阪城公園に行き、大阪城を見て、NHK大阪放送局見学してから大阪駅を経て神戸三宮駅に行き、阪神電車で大阪梅田に戻り、地下鉄の御堂筋線で「なんば」に行き、道頓堀見物、グリコのネオンサインの写真を撮影してからホテルに戻り、防弾少年団のコンサート観劇を終えた娘と合流して「たこやき」を食べて、焼き肉も食べてからホテルに戻り、翌日、つまり今日の午前の飛行機で北海道に帰ってきました。いやはや、疲れました。
 

私のきっかけ

 投稿者:文昇ほんにん  投稿日:2018年11月24日(土)02時38分49秒
  追突事故が、たにさんの就職につながったんですか。
私の場合は、浪人中にたまたまTVで、師匠(桂小文枝)の落語を聴いて、心の片隅に。
大学に通っていたら、噺家になっていなかったと思います。

北海道へは、天皇皇后両陛下と同じ日に入り、帰りは札幌ドーム・嵐のコンサートの翌日でした。
 

きっかけ(その2)

 投稿者:たに  投稿日:2018年11月23日(金)08時35分21秒
  話は変わって、私の場合です。片平さんと同い年の私は芸能界には進まず、1浪の末、私立大学へ進みました。昭和57年の秋口、就職活動していましたが、中々決まりません。そんなある日、車を運転中に追突されて、同乗者の叔母がムチ打ちに。警察の事故係の現場見分。その後の調べで顔見知りになった警察官に「未だ就職が決まらない」と話したところ、警察官採用試験の願書を取り寄せてくれました。「まあ、ダメもとだな」と思いながら受験しましたところ・・・・・現在の私につながっている次第です。あの時の追突事故と事故係との雑談が私の人生を変えたきっかけな訳です。(なんて美談なんでしょう!!その2)
文昇さんは落語家さんになったきっかけは何ですか。
 

きっかけ

 投稿者:たに  投稿日:2018年11月23日(金)08時21分52秒
  おはようございます。これを書いているのは午前8時10分なので、「おはようございます」と書きましたが、考えてみれば何時にお読みになるかであいさつも変わってくるわけで。書き出しは何時も悩みますね。
 さて、今朝は「きっかけ」についてでございます。
私の好きな女優さんで「片平なぎさ」さんという独身の59歳の女性がおりまして、私と同い年なんですが、彼女がデビューしたのは昭和50年、テレビの「スター誕生」でした。
実は、彼女の同級生がスターを夢見てその番組に応募したら見事に案内通知が来ましたものの、同級生は怖気づいてしまい、その代わりに片平さんが同級生の名前で予選に行ったところ見事合格し、テレビ出演へ。その後はチャンピオンになり、レコードデビューし、「スター」が誕生したのです。実はその放送、私は見ていまして「目が大きな娘だな」という覚えがあります。
 それから「純愛」というレコードデビュー以来、ファンでして。最初に応募した同級生の1枚のハガキが人生を変えたきっかけな訳です。(なんて美談なんでしょう!!)
 

お久しぶり!

 投稿者:文昇ほんにん  投稿日:2018年11月13日(火)23時31分11秒
  いづみさん、ご無沙汰しております。
ご都合がつきましたら、どうぞお越しください。お待ちしております。
 

こんにちわ

 投稿者:いづみ  投稿日:2018年11月13日(火)12時18分57秒
  前回いつ書き込みをしたか思い出せない位にご無沙汰しておりました。
お変りありませんでしょうか?関西へ赴く際は寄席の予定を確認するのですがなかなか師匠ご出演の時に行けずでした。来月の動楽亭は行けそうな予感!兆しが見えてきました!!どうか行けますようにー!
 

捩れました?

 投稿者:文昇ほんにん  投稿日:2018年11月12日(月)01時02分4秒
  なりたさん、どうもありがとうございます。
「お腹が捩れるほど笑った」とおっしゃっていただいて、うれしいです。
そのことをどうぞ親類縁者、ご近所で吹聴していただき、「桂文昇」の人気を高めていただけますと、私の親も喜びます。
また、そちらの方へ伺ったときには、お越しください。
 

間違えました。

 投稿者:なりた  投稿日:2018年11月11日(日)05時44分47秒
  捩れました?ではなく捩れました!でした。  

お腹が捩れました?

 投稿者:なりた  投稿日:2018年11月11日(日)05時42分27秒
  先日、北海道伊達市のカルチャーセンターにて「上方落語の会、お囃子の世界」を見させていただきました。正直言いますと、知人に誘われ半ば気乗りしない中での観覧でした。ただ、落語は大好きでしたし、枝光さんも以前からテレビで知ってましたので、淡い期待も秘めてはいました。
ところが、文昇さんの落語にハマってしまい、お腹が捩れるほど笑いました。「兄弟子や親方衆に申し訳…」のくだりが何度も繰り返され、座席を揺すって笑いました。
また、ぜひ伊達市へいらしてください。
 

レンタル掲示板
/45