teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


千菊夫先生「第10回信州大学農学部同窓会東京支部総会」で特別講演

 投稿者:くまメール  投稿日:2005年 5月29日(日)22時10分10秒
  信州大学農学部同窓会東京支部                平成17年5月21日
     会員各位
信州大学農学部同窓会
                          東京支部長 奈良井満洲雄 
 
謹啓 風薫る好季節となりました。会員の皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、第10回信州大学農学部同窓会東京支部総会を下記のとおり開催いたします。ご出席いただきますようご案内申し上げます。

今回の総会は特に第10回特別講演を予定しております。講師には、信州大学名誉教授 菅原 聡 氏、信州大学農学部応用生命科学科教授 千 菊夫 氏のお二人にお願い致しましたところ、快くお引き受けいただきました。

菅原 聡氏は、元信州大学農学部林学科教授(昭和33年~平成8年信州大学農学部勤務)であり、同窓会員の中でも一番よくご存知の先生であります。人間にとって森林とは何か-荒廃をふせぎ再生の道を探る(ドイツの黒い森)のお話が有名でありますが、今回は特に[日本人と森林] の演題で森林との関わりの歴史、日本人の森林観、これからのつき合いかた、と我々の身近で、興味のある、面白い話がうかがえることと思います。
 
千 菊夫氏(昭和62年~信州大学農学部勤務)は、遺伝子工学、応用微生物学・応用生物化学 , 応用分子細胞生物学に関する研究で今一番若い教授として、特に注目されている方であります。[微生物殺虫剤Bacillus thuringiensisの遺伝子工学] の演題で お話いただきます。
                    
今回は特に第10回ということで、新・旧の代表的な教授による、― 環境・森林―最先端の科学技術 ― の特別講演を予定いたしております。お誘い合わせの上、多数ご出席いただきますようご案内申し上げます。(菅原氏、千氏のプロフィール等は当日お配り致します。)

                                  記
              
 1.日時  平成17年7月 9日(土) 午後1時~午後5時

 2.場所  アルカディア市ヶ谷(旧私学会館)最寄市ヶ谷駅営団A1都営A1・A4出口

 3.次第  ① 総会  午後1時~午後1時30分
             ②  講演会 午後1時30分~午後3時
             ③  懇親会 午後3時~午後5時

 4 会費   ①  出席者 8,000円 (支部年会費とも)
                 欠席者 2,000円 (支部年会費)

 5 招待者 農学部長、同窓会長、元教官 ほか

 6 事務局 城戸 莞爾  TEL 03-3641-9186 FAX –9188(天龍造園建設)

http://www.arcadia-jp.org/

 
 

茅原 紘 先生 及び 食品創出学研究室 のご紹介

 投稿者:くまメール  投稿日:2004年 5月 8日(土)15時34分31秒
 
6月19日(土)に開催されます「第9回 信州大学農学部同窓会東京支部総会」の特別講演講師をお願いしております「茅原紘先生」及び「食品創出学研究室」の紹介が、農学部HPに掲載されておりますので、ご参考までにご紹介させていただきます。

http://karamatsu.shinshu-u.ac.jp/lab/frogkayahara/index.htm

 

第9回 信州大学農学部同窓会東京支部総会

 投稿者:くまメール  投稿日:2004年 5月 8日(土)09時12分25秒
 
信州大学農学部同窓会東京支部 会員各位


新緑の候,会員の皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、第9回 信州大学農学部同窓会東京支部総会を下記のとおり開催いたします。ご出席いただきますようご案内申し上げます。
今回の総会でも、昨年に引き続きまして特別講演を予定しております。講師には同窓の茅原紘氏(農40年卒)をお願い致しましたところ、快くお引き受けいただきました。茅原紘氏は、現在、信州大学大学院教授(機能性食料開発学独立専攻)であり、発芽玄米・食品の機能特性に関する研究で今一番話題の方であります。発芽玄米がアルツハイマー型痴呆症の予防・軽減化に役立つ可能性を見出され(平成14年 特許取得)、中国ハルピン医科大学の客員教授としてもご活躍なされています。今回の演題は主食を発芽玄米にして、副食として発芽食品を積極的に取り入れれば元気な人生を送ることができ、燃え尽きたらコロリと逝く、という理想に近づくことも夢ではない!!「発芽食品でピンピンコロリの人生を!!」、と我々の身近で、興味のある、ユニークな面白い話が聞けることと思っております。
お誘い合わせの上、多数ご出席いただきますようご案内申し上げます。
                    

                        記

1.日時
平成16年6月19日(土) 午後1時~午後5時
2.場所
アルカディア市ヶ谷(旧 私学会館)最寄 市ヶ谷駅 営団A1 都営A1・A4 出口
http://www.arcadia-jp.org/
3.次第
① 総会  午後1時~午後1時30分
② 講演会 午後1時30分~午後3時
③ 懇親会 午後3時~午後5時
4.会費
① 出席者 8000円(支部年会費を含む)
② 欠席者 2000円(支部年会費)
5.招待者
農学部長、同窓会長、元教官、他
6.事務局
前堀 幸彦  TEL/FAX: 042-727-8017(自宅)
城戸 莞爾  TEL: 03-3641-9186 FAX: 03-3641-9188(天龍造園建設)
 

飯島先生の奥様

 投稿者:内田博通  投稿日:2004年 1月13日(火)13時26分16秒
  食品化学研究室の皆様

1月7日の飯島先生の葬儀に会葬できませんでしたので、1月10日に飯島先生のご自宅を訪問し、お線香をあげさえて頂きました。
当日は、息子さんご夫婦は不在でしたが、奥様一人がおられ、飯島先生が倒れられたご様子を伺うことができました。
奥様は葬儀当日は心労で失礼されたようでしたが、突然伺ったにも拘わらずお元気でご対応頂きました。
知らなかったのですが、飯島先生は3年前から薬を飲まれてご自愛されていたようです。
3年前には「余命1年程度」というような話も、お医者様からご家族の方にあったようです。

あたりまえですが、奥様は突然倒れられ、突然逝ってしまったことにかなりショックを受けておられたようでした。
飯島線背は生前、病床にあって死を迎えるのではなく眠るように逝きたいという話をされていたようですが、残された者は突然の死に心構えができなかったとの奥様のお話でした。
当日も救急車で運ばれる直前にも、救急隊員にしっかりとしたお言葉で症状を伝えられていたのに・・・・とのことでした。

奥様は飯島先生が詠まれた歌(俳句?)を生前に一冊の本にできて良かったと話されていました。
一生忙しくしたままで逝ってしまったと話されておられました。
飯島先生の眼鏡の奥に優しい眼差しに、合掌して辞しました。上手く伝えられませんが報告まで。  
 

「飯島隆志先生のご葬儀」に参列いたしました

 投稿者:くまメール  投稿日:2004年 1月12日(月)23時06分37秒
  食品化学研究室関係者の皆様


1月7日(水)の「飯島隆志先生のご葬儀」に参列いたしましたので、謹んでご報告させていただきます。

当日は、大学関係者も多数参列され、勲二等瑞宝章をお受けになった先生にふさわしい盛大なご葬儀でした。八名のお坊さんによる鉦や太鼓や銅鑼なども取り入れた儀式で、告別式と初七日を兼ねて一時間半を掛けて営まれました。最後に、学部長の唐澤豊先生が弔辞を述べられましたが、飯島先生のお人柄をご紹介いただいたエピソードには思わず涙してしまいました。心よりご冥福をお祈りいたします。

さて、食品化学研究室の関係者では、黒澤先生、建石先生、そして千先生の各先生方、小林利江さん、牧野(旧姓 原)芳子さんらが参列されました。

お清めの会でしか写真を撮りませんでしたが、先生方のお写真が数枚ありますので、ご希望の方にお送りいたします(E-mail address をお知らせください)。

なお、渡辺達さん、西川さん、内田さん、石山さん、他の弔電がご披露されましたことを併せてご報告いたします。

寒さが一段と厳しくなってまいります、皆様お体ご自愛いただき、益々ご活躍されますよう心よりお祈り申し上げます。取り急ぎ、ご報告のみで失礼いたします。

熊谷 文男
 

訃報:飯島隆志先生

 投稿者:メール  投稿日:2004年 1月 4日(日)21時01分20秒
  信州大学農学部
(旧)食品化学研究室
卒業生各位


千@信州(信大農,助教授)です.

 新年早々ではありますが,悲しみのお知らせを致します.
 信大農・食品化学研究室 初代教授 飯島先生がお亡くなりになりました.この正月に飯島先生直筆の年賀状を頂いておりますので,急に具合が悪くなられたものと思われます.下記の日程で葬儀/告別式が行なわれますので,御多忙のこととは存じますが,都合のつく方は御参集下さい(とは言っても,ほとんどの皆さんが御遠方にお住まいなので無理でしょうね).葬儀/告別式は1/7(水)正午からとなっておりますが,伊那地方の習わしでは,多くの弔問客はこの時間よりももっと早い時間から弔問しますので御注意下さい(例えば1時間位前から.詳しくは葬儀場である虹のホール伊那にお問い合わせ下さい).
 なお,この電子メールは黒澤先生ご退官の折の研究室卒業生名簿の情報をもとにお送りしております.OB/OG全員の方にはこの情報は届いておりません.メールを受け取られた方におかれましては,連絡のとれる卒業生の皆様にも情報を流して頂けると有難く存じます.

----------------------------------------------------------
訃報
信州大学農学部名誉教授
飯島隆志先生 大正5年(1916年)7月8日生れ,満87歳
平成16年(2004年)1月3日 20:00他界
自宅 399-4432長野県伊那市東春近108
   電話 0265-72-5300

葬儀/告別式
喪主:不明(多分,御長男様だと思われますが…)
日時:平成16年1月7日(水) 12:00~
場所:虹のホール伊那
   399-4432伊那市伊那市東春近車屋207
   電話 0265-76-1109,76-8801
   FAX 0265-76-8849
----------------------------------------------------------

以上.

PS 明日1/5の新聞に最終確定の情報が掲載されると思います.内容に変更がありま
したら,追ってお知らせ致します.


信州大学農学部応用生命科学科 千 菊夫
Phone/Fax: +81-265-77-1613
Fax: +81-265-77-1629
E-mail: kik1000@gipmc.shinshu-u.ac.jp
399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304
 

秋田県立大学 キャンパス公開/大学祭

 投稿者:くま  投稿日:2002年 7月 4日(木)11時59分44秒
  秋田県立大学 
 キャンパス公開/大学祭

--------------------------------------------------------------------------------

平成14年度 秋田県立大学公開講座 
「秋田県のバイオテクノロジーは今」
(3回シリーズ)

第3回:平成14年7月27日(土)13:30~16:00
遺伝子のしくみとそのはたらき
    リエゾン・オフィス 教 授 黒澤 辰一

場所:秋田県立大学 秋田キャンパス
定員:100名
お問い合わせ・申込先:リエゾン・オフィス 電話 018-872-1557 FAX 018-872-1673 E-mailliaison_ak@akita-pu.ac.jp
 

食品化学研究室「掲示板」開設

 投稿者:くまメール  投稿日:2002年 6月24日(月)13時18分36秒
  土曜日(6月22日)、「信大農学部同窓会東京支部会」が開催され、その席で内田博通さんと久々に一献交わしました。
その席で、OB間の連絡・意見交換を目的に「食品化学研究室OBの掲示板」を設置しよう、との話になりました。そこで、「無料の掲示板」を設置して対応することにいたしました。無料ですので、URLが「http://8624.teacup.com/shokuhin/bbs」というように長いのですが、お許し下さい。また、この掲示板は、「非公開」ですので、原則として一般の方が見ることはできません。私は、同様の掲示板を一年以上管理しておりますが、外部の方からのアクセスは一度もありませんでした。ご安心下さい。勿論、OB以外の方にこのURLを教えるのはお控えいただきたくお願いいたします。

具体的には、「ニックネーム」「メール(アドレスは optional)」「タイトル」「本文」にご記入いただき、あとは「投稿」するだけの操作です。簡単ですので、是非、お試し下さい。

OB間の連絡・意見交換にご活用下さい。
 

レンタル掲示板
/1