teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. テスト(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


本山瑞世

 投稿者:大閑道人  投稿日:2018年 1月20日(土)09時18分16秒
  無明師

私どもは、瑞世という関門があります。
嗣法して、お釈迦様からの法統に名を連ねたら、そのご報告のために本山に登り、
本山での朝課の導師を勤めます。

この度、末子が(佐賀のお寺の法統を嗣いで)永平寺に瑞世で登りましたが、
その随伴(お伴)で、私も一緒に登りました。

※ たとえ一夜であるとしても本山住職待遇の末子と違い、私は、単に、一介のお客様扱い。

自分自身の瑞世以来、39年ぶりに、承陽殿(道元禅師の真廟)での読経。感慨深いものがありました。


つくづくと、「法とは人なり」と実感。

人は、人によってしか生まれない、目覚めない、育たない。そんなこんなを実感しながら、
我と我が身を振り返り、心寂しく、本山を後にしました。

私は、今まで、一体何をしてきたのだろう?

そんな思いです。

そろそろ、引退して、しっかり勉強したいし、禅宗本来の修行に近づけたい。
 
 

芥川龍之介 入門

 投稿者:大閑道人  投稿日:2017年12月29日(金)06時44分18秒
  https://www.youtube.com/watch?v=_ghwLRgN26c


武田鉄矢の、三枚おろし、から。

一時間ものだけど、拝聴の価値はあります。
お寺の、後継者に是非聞かせたい。
 

ひし形

 投稿者:無明  投稿日:2017年12月28日(木)16時50分58秒
  (゜Д゜)
そうなんですねえ。
では、三菱は「かしましい」だ。あはは。
 

マイ・ブーム

 投稿者:大閑道人  投稿日:2017年12月27日(水)21時05分14秒
  何がきっかけだったのか、それは不明なのだが、今年になって、・・・・ああ、それも
いつごろから始まったのか、それも不明なのだが、
マイ・ブームは「武田鉄矢の三枚おろし」

元来は文化放送のラジオ番組のようだが、ネットで検索して聞き惚れている。

毎週月曜日には、
http://www.joqr.co.jp/takeda_pod/
に一週間分をまとめて聞くことができる。


ざっと調べると、10年ほども続いているらしい。

いい耳学問になってます。



最近の目から鱗。 ひな祭りのお供え物の菱餅。
なぜ菱餅か、いや、なぜ「ひし形」の餅なのか。


それは、ひし形が、女性性器をかたどったものだから!


うっはぁーっ!
 

カンパ

 投稿者:無明  投稿日:2017年12月27日(水)16時59分23秒
  わたしも、二枚!!  

寒波に

 投稿者:さぶ六  投稿日:2017年12月20日(水)15時21分57秒
  座布団二枚!(^^)  

寒い日が続きます

 投稿者:大閑道人  投稿日:2017年12月19日(火)19時20分20秒
  この寒さ。
冬将軍の懐事情がお寒いので、
カンパ!カンパ!とやって来ているのでしょう。
 

報道

 投稿者:さぶ六  投稿日:2017年12月 3日(日)21時34分22秒
  あら?そちらの一般紙には載りませんでしたか。  

月刊住職

 投稿者:大閑道人  投稿日:2017年12月 3日(日)13時14分48秒
  なんと、大阪の倍旧寺が話題に!  

宗教

 投稿者:大閑道人  投稿日:2017年12月 3日(日)06時38分33秒
  本来の日本語に、宗教、という単語はありません。
これ、明治になってから、西洋の概念(キリスト教の概念)を理解するために造語されたもの。

戦後は、公的教育機関においては「宗教」は禁止されております。だから、「宗教」という単語は使用されていない。

しかしながら、文部省は(平成12年当時、だけど。まだ、文科省に変質する前)、
「宗教」という単語を使わずに、宗教について語っていた。

それは「人間を超えたもの」

千年二千年という長いスパン、とは、時を超えた、ということで、
これが現物として眼の前に為るのは「皇室」。

皇室に伝わる文物や伝統行事(この場合は、祈りなど)。

ウソでも「これが神武天皇以来の神器だ」と差し出されたら、その時間を超えた存在に、個人は圧倒される。
そして、それが面々と良好な状態で保存されてきたその努力、個々人の努力、その蓄積に、また圧倒される。

それらの前では、「私」など微々たる存在でしかない、そして、その微々たる存在は、また、未来に渡って蓄積される。

ご先祖さま、とは、そういう存在だったのだ・・・・つい、70年前まで。


私は、中里の東漸寺さまの「愛宕祭り」には、深く、深く深く、敬意を表する者であります。
あの「千年に渡る行事の積み重ね」には、奥島師個人の精進に対しても、
それを支える地域の熱意に対しても、アツいものがこみ上げてくるのです。
 

レンタル掲示板
/68